2012年06月28日

7インチタブレット(Novo7 Aurora)にちょうどいいバッグ

携帯性を重視して7インチタブレット(Novo7 Aurora)を買ったのですが、私は小さいバッグを持っていなかったので他に荷物がないときでも大きなバッグを使っていました。しかし、スカスカの大きなバッグを持ち歩くのもいい加減に嫌になったので、7インチタブレットにちょうどいいバッグを探してみました。

Novo7 Auroraとバッグ

私が欲しいのはショルダーバッグなので、最初はショルダーバッグの中から探しましたが、ちょうどいいサイズのものは見つかりませんでした。

次に斜めがけバッグ(ボディバッグ)から探したのですが、タブレットのような四角い物に向いた形のものがあまりありませんでした。また、ボディバッグは自転車用に作られているのでストラップが大袈裟で、軽装をしたい私にはイマイチでした。

最終的に辿りついたのがシザーバッグです。シザーバッグとは、美容師が腰にぶら下げているハサミの入れ物のようなバッグです。ウェストポーチのようにストラップを腰に回して固定するのではなく、ズボンのベルトやベルトループにぶら下げて使います。(ちなみに美容師が使う本職向けはシザーケースと呼ぶようです)

続きを読む
タグ:Novo7 Aurora
2012年06月28日 【スマートフォン・タブレット】 | コメント(0) |
2012年05月15日

7インチタブレット(Novo7 Aurora)におすすめ 吸盤スタンド

スマートフォン・タブレットユーザー御用達の100円ショップ・セリアで、吸盤スタンドなるものを買ってきました。

cupule1

これは、スマートフォンやタブレットの裏にくっつけることで、スタンドとして使うことができます。

cupule2

スタンドとしては安定感がなく、ただ立たせておくことはできますが、このままタッチパネルの操作をするのはほとんど無理です。また、強度も長さも足りないので、7インチタブレットでは縦で使うことはできません。

単純にスタンドとしての機能ならば、以前紹介したセリアのタブレットスタンドの方が遥かにいいです。

スタンドとしてはイマイチな製品ですが、グリップとして使うとなかなか便利です。

タブレットを寝ながら仰向けで使おうとすると、長時間片手で持ち続けるのは思っていた以上に大変です。仰向けだと重心の位置はタッチパネルなので、そこを指で支えるわけにはいかず、周りのフレーム部分だけで支えることになります。どこかに掴む場所があればいいのに…と思っていた人も多いと思います。

この吸盤スタンドは、根元がくびれて細くなっていて先端が膨らんでいるという形状なので、くびれ部分に指をかけやすいです。見た目よりも吸盤の吸着力が強く、横方向にも滑りにくいです。

Amazonにも同じような商品が色々ありました。

Novo7 Auroraは裏面がツルツルなのでよくくっつきますが、FT701Wは軽く梨地っぽくなっているため吸着力がイマイチでした。FT701Wでも使えますが、仰向けで長時間使うのは不安な感じです。

基本的にこの手の商品はタブレット用ではなくスマートフォン用なので、タブレットで使うには吸着力が足りないかもしれません。また、セリアのこの吸盤はくびれ部分も吸盤と同じゴムなので、グニャグニャして落ちつかないです。

不安ならば、レバー式やネジ式の強力な吸盤フックで指を掛けたり握ったりしやすい物を探すといいでしょう。手持ちのレバー式吸盤フックで試したところ、ガッチリ固定されていい感じでした。ただし、アウトドア用などの強力すぎるタイプは避けた方がいいと思います。

タグ:Novo7 Aurora
2012年05月15日 【スマートフォン・タブレット】 | コメント(0) |
2012年05月01日

FT701Wに液晶保護フィルムを貼ってみた

FT701W専用の液晶保護シートはまだ売られていませんし、専用品が出たとしても高いので、Auroraと同じようにダイソーのA4保護フィルムを切って貼りました。

このとき作ったテンプレートをPDFで置いておきます。

FT701W液晶保護フィルムテンプレート

A4保護フィルムなら、そのままインクジェットプリンタに突っ込んで直接印刷してしまうと楽です。あるいは、プリンタ用のシールに印刷して貼りつけて切るといいと思います。少し難しいですが、普通の紙に印刷して重ねてカットという方法もあります。

PDFを印刷する際は、サイズオプションでリサイズされないように注意してください。フィルムに直接印刷した場合は、インクが馴染まずに軽く触れるだけで落ちてしまうので気をつけてください。

全体的に少し小さ目にしてあるので、この線の通りに切ると1mmくらいガラス面より小さくなります。カメラ周りは何通りか線を引いてあります。操作パネル部分にフィルムを貼りたくなければ、下の線で切ると画面より1mmほど外側の位置になります。

何も貼っていない状態だとFT701Wのガラスパネルは皮脂や油が付くと白く濁ったような感じになっていましたが、フィルムを貼ったらマシになりました。ただし、指の滑りはイマイチです。

フィルムを貼るときは他にメガネ拭き(クリーニング液付きのもの)、メンディングテープ(セロテープより粘着力の低いテープ)もあるといいので、一緒に買ってくるといいです。

2012年05月01日 【スマートフォン・タブレット】 | コメント(1) |
2012年04月27日

激安タブレットFT701Wを買ってみた

中華ではなく国内メーカーのFrontierのFT701Wが、ヤマダ電機で9980円だったので買ってみました。

FT701W

7インチ、Android2.3、メモリ512MB、CPUはデュアルコアのOMAP4430という機種です。この価格でBluetoothとGPSも搭載しており、タブレットでは珍しくNFCまで搭載しています。

ただし、標準ではGoogle公式マーケット(Google Play)には対応しておらず、Tapnow Marketというマーケットしか使うことはできません。(rootを取ることによりGoogle Playも導入可能)

rootを取らないと微妙なので、買ったその日のうちにroot取って公式マーケットのインストール等をしました。

続きを読む
2012年04月27日 【スマートフォン・タブレット】 | コメント(6) |
2012年03月25日

Ainol Novo 7 Auroraのバッテリもちをテスト

Auroraのバッテリがどのくらいもつのか気になったので試してみました。

今回試したのは私の使い方で一番多い用途の、PCの共有フォルダ上にある地デジの.tsファイルのWiFi経由での再生です。

テスト環境は、ハードウェアがNovo 7 Aurora 8GB、ファームウェアはNovo 7 Essential Clean Rom v0.9b、ディスプレイの明るさ最大、音量は最低(ミュート)です。ネットワーク上のファイルの再生なのでWiFiはON、また32GBのSDカードが入っています。

使用した.tsファイルは、こんなこともあろうかと正月に録画しておいたテレビ東京の新春ワイド時代劇「忠臣蔵〜その義その愛」です。6時間54分もあり、40GBを超える巨大ファイルです。でかすぎてSDカードにも入りません。

.tsファイルはWindowsHomeServer2011の共有フォルダにあり、Novo 7 AuroraからCifsManagerで共有フォルダをマウントし、ESファイルエクスプローラーでファイルを選択して、「2160P」アイコンのギャラリーアプリで再生しました。

Screenshot_2012-03-25-00-47-00

これが自動でシャットダウンされる直前のスクリーンショットです。このスクリーンショットの保存中に自動的にシャットダウンが始まりました。

結果は3時間20分でした。フル充電からならば、とりあえず映画1本くらいは問題なさそうです。

ところで、このスクリーンショットには動画の映像が映っていませんが、これは権利的な問題で私が消したわけではなく、H/Wデコーダーが使用されているとスクリーンショットには映らないようです。MX動画プレイヤーでS/Wデコーダーを使ったら映りました。H/WデコーダーはPCでいうオーバーレイみたいな仕組みみたいですね。

タグ:Novo7 Aurora
2012年03月25日 【スマートフォン・タブレット】 | コメント(0) |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。