2007年09月05日

LCD Delay Checker

海外のサイト等で、GDIベースのストップウォッチアプリケーションを使って液晶モニタの遅延時間を測定しているところがありますが、VSYNCと同期していないカウンタの値では画面に表示されている数値が常に最新の値である保証がなく、正確性にかなり疑問があるので、DirectXを使ってVSYNCと同期して動くソフトを作ってみました。

LCDDelayChecker070905.zip

LCDDelayChecker070919.zip (07/09/19更新)

クローンだけでなく水平スパン、垂直スパンにも対応しました。

LCDDelayChecker090120.zip (09/01/20更新)

Vistaでの動作に問題があったので修正。また、Warningの判定を少し緩くしました。

LCDDelayChecker090215.zip (09/02/15更新)

モード3(カラーバー移動)を追加しました。

lcddelaycheck.gif

このソフトを使用して液晶モニタの遅延時間を測定するには、次の物が必要になります。

  • DirectX9が使えるPC
  • 映像出力が2系統あるビデオカード(分配器の方が望ましい)
  • 液晶モニタ
  • ブラウン管モニタ
  • デジカメ

これら全てが揃っている人は稀だと思いますが、1つでも欠けると意味がありません。

詳しくは添付されているテキストファイルを読んでください。

なお、安定して動作しているときでもfpsの値が僅かに変動すると思いますが、1より小さい値の変動はただの測定誤差なので気にする必要はないです。

2007年09月05日 【アプリケーション】 | コメント(10) |
2007年01月02日

アスペクト比を固定したまま画面を拡大するツール for DirectX9(仮)

アスペクト比固定拡大機能のないワイドモニタで、4:3の比率のゲームをプレイすると画面が横に伸びてしまいます。そこで、アプリケーションとDirectXの間に介入し、ソフトウェア的に拡大するソフトウェアを作りました。

※東方シリーズ(風神録以降)では、より新しいコアを使用した真・東方縦画面化ツールの使用をお勧めします。縦画面化せずに普通のアス比固定拡大ツールとしても使用できます。(東方以外でもマウスを使わないソフトでは使用可能です)

主な特徴は次の通りです。

  • アプリケーションの実行パスの一部として動くので表示に遅延が発生しない。
  • 3Dアクセラレータの機能を利用するので動作が軽い。
  • 描画にDirectX9を使用しているアプリケーション専用。
  • UXGA(1600*1200)のモニタでも整数倍拡大モードで640*480のゲームがクッキリ
  • ピクセルシェーダ2.0以上に対応したビデオカードなら、より高画質のスケーリングも可能。

ダウンロード Version 1.1 (2007/12/24更新)

インストール方法が特殊なので、使用に際してはある程度のWindowsの知識が必要になります。インストーラのような便利なものは用意していません。

無料でダウンロードできる体験版等があれば、うまく動かないソフトでも対応できるかもしれません。ただし、ムービー再生には対応できません。

シェーダ(ようするにプラグインです)

名前 説明
バイキュービック 非常に高画質ですが、かなり重いシェーダです。SXGA解像度ではGeForce7600GSが最低ラインです。
バイキュービック(軽量版) バイキュービックシェーダの一部を省略し軽量化したバージョンです。見た目はほぼ変わらず、テクスチャ参照回数を25%削減しました。
特殊効果 画面に特殊効果を加えるシェーダです。モノクロとセピアがあります。

動作確認リスト

タイトル 動作 備考
東方風神録(体験版)  

更新履歴

  • Version 1.1 (2007/12/24)
    強制遅延キャンセル時にトリプルバッファも無効にするように変更
    アスペクト比を任意に設定できるように変更
  • Version 1.0 (2007/11/13)
    正式公開
    ピクセルシェーダを使った拡大機能を追加
  • Version 0.2 (2007/10/15)
    Debug版DirectXランタイムでしか動かなかったのを修正
  • Version 0.1 (2007/10/10)
    暫定版

関連リンク

アスペクト比を固定したまま画面を拡大するツール for DirectX8(仮)

2007年01月02日 【アプリケーション】 | コメント(2) |
2007年01月01日

アスペクト比を固定したまま画面を拡大するツール for DirectX8(仮)

アスペクト比固定拡大機能のないワイドモニタで、4:3の比率のゲームをプレイすると画面が横に伸びてしまいます。そこで、アプリケーションとDirectXの間に介入し、ソフトウェア的に拡大するソフトウェアを作りました。

主な特徴は次の通りです。

  • アプリケーションの実行パスの一部として動くので表示に遅延が発生しない。
  • 3Dアクセラレータの機能を利用するので動作が軽い。
  • 32bitのWindowsXPでDirectX8を使用しているアプリケーション専用。
    (他のOSでは動作テストしていません。64bitのOSでは動かないと思います)
  • 東方シリーズ専用と言っても過言ではない。
  • UXGA(1600*1200)のモニタでも整数倍拡大モードで640*480のゲームがクッキリ

ダウンロード Version 1.2 (2007/12/24更新)

インストール方法が特殊なので、使用に際してはある程度のWindowsの知識が必要になります。インストーラのような便利なものは用意していません。

無料でダウンロードできる体験版等があれば、うまく動かないソフトでも対応できるかもしれません。ただし、ムービー再生には対応できません。

動作確認リスト

タイトル 動作 備考
東方妖々夢(体験版)  
東方紅魔郷(体験版)  
東方永夜抄(体験版)  
ロックマンX8(体験版) マウスカーソルがアニメーションしません
信長の野望Online ムービーの映像が出ません

更新履歴

  • Version 1.2 (2007/12/24)
    強制遅延キャンセル時にトリプルバッファも無効にするように変更
  • Version 1.1 (2007/10/18)
    東方シリーズでスナップショットを撮ると落ちる問題を修正
  • Version 1.0 (2007/10/04)
    正式公開

関連リンク

アスペクト比を固定したまま画面を拡大するツール for DirectX9(仮)

2007年01月01日 【アプリケーション】 | コメント(5) |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。