2014年11月13日

中華Kossel完成!

中国製デルタ型3DプリンターキットHe3D DLT-180(中華Kossel)が完成しました。(実際は完成してから既に2週間経っていますが…)

He3D DLT-180完成

キットの組み立て説明は、電気系に関してはほとんど情報がないも同然でしたが、制御基板はごく一般的なRAMPS1.4そのものなので、他のプリンタの制作マニュアルが参考になりました。

ただ、DLT-180にはファンが2つあるのですが、この配線をどうすればいいのかで少し悩みました。キットにはファンのためのケーブルもコネクタも付属しておらず、組み立てマニュアルでもファンの存在は忘れられているので、必要なケーブルは自分で用意する必要があります。

エフェクターに付けるファンの電源は、ターミナルのD9(ホットエンドの電源の隣)から取ります。RepRapWikiの配線図では、ここは2番目のヘッドのヒーターになっていますが、シングルヘッド機ではここがファンの電源になります。

エクストルーダーのモーターに付いているファンは、12V-AUX(Xモータードライバの横にある2ピンのコネクタ)に繋ぎました。ここは電源が入っている間は12Vの電圧が常時出ています。

続きを読む
2014年11月13日 【3Dプリンター】 | コメント(1) |
2014年10月23日

中華Kossel(He3D DLT-180)組み立て中

中華KosselことHe3D DLT-180を組み立てています。

IMG_20141021_214430

この状態までは2日程度でできたのですが、エンドストップのマイクロスイッチを固定するためのネジがキットに付属しておらず、手持ちにも無いので止まっています。

そんなわけで、ここまで組み立て中に分かりにくかった点、苦労した点などをまとめておきます。

続きを読む
2014年10月23日 【3Dプリンター】 | コメント(0) |
2014年10月17日

中国製3Dプリンターキットを買いました

さて、前回3Dプリンターを自作するぞと息巻いていた私ですが、結局キットを買ってしまいました。

必要な部品をチェックしながら、RepRapWikiのそれまで見ていなかった下の方の外部リンクの欄を見たら、Kosselのキットが$380という衝撃的な文字が目に入りました。

$600を目安に部品を選んでいたところに、部品が全て揃って$380は事件です。その$380のキットとは、He3D DLT-180です。組み立て済みの完成品は$420で買えます。

材料代が$600と言っても、どうしても海外から買わないといけない部品が多く、1つの店では揃わないので送料だけでかなりかかってしまいます。モーター等のグレードが低いとしても、$380はかなり魅力的です。

見た目はかなりオリジナルのKosselに近いですし、組み立てで精度を出せるKosselなら中国製でも良さそうです。

購入者のレビューを探したら、YouTubeに完成品を買った人の動画がありました。

Part 2 - First print delta 180 he3d

Part 3 - Delta 180 printer conclusion.

動画で見た限りでは問題なさそうなので、さっそく注文。注文から僅か4日で到着しました。送料は$59かかったので、合計で$439です。

続きを読む
2014年10月17日 【3Dプリンター】 | コメント(0) |
2014年10月14日

3Dプリンターを作る!!

3Dプリンターは切削加工に対する優位性を感じないとかTwitterで散々言っていた私ですが、ふとしたきっかけで3Dプリンターは意外と簡単に自作できることを知り、俄然興味が湧いてきました。

特に影響を受けたのがこちらの動画です。

デルタ型3Dプリンタつくった。 - YouTube

それまでに見た自作3Dプリンターというのは、全ネジロッドでフレームを組んだようなみすぼらしい物ばかりでしたが、デルタ型は自作機でもかっこよく、動きも面白くて、プリントしている様子を見ているだけでも楽しいです。というわけで、デルタ型の3Dプリンターを作ることにしました。

続きを読む
2014年10月14日 【3Dプリンター】 | コメント(0) |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。