2012年03月08日

Ainol Novo 7 Aurora で使えるスタンド

家で使うときはスタンドがあると結構便利です。手で持つ必要がなくなるので、リラックスして片手で操作できます。

スタンドは、7インチ以上の大きさに対応した物ならほとんど何でも使えます。ただし、iPad用だと大きすぎて合わない場合もあるので、形を確認した方がいいです。例えばサンワサプライのMR-IPADST1は使えません。

安いスタンドはただ置くだけの台ですが、ちょっと高い物では角度調節が可能だったり、コンパクトに折りたためるものがあります。また、スタンド機能付きのケースもあります。

ちなみに、Amazonにはタブレットスタンドの専用コーナーもあります。

セリアのタブレットスタンド

私のイチオシはこれ。100円ショップのセリアのスタンドです。もちろん値段は105円です。この手の商品は、ダイソーよりもセリアの方が充実していますね。ダイソーでこの商品は見かけないです。

セリアのタブレットスタンドセリアのタブレットスタンドに縦置き

セリアのタブレットスタンドに横置き

この写真はスモークタイプですが、色のついていないクリアタイプもあるらしいです。

角度の調節や折りたたむことはできませんが、その分剛性が高くてしっかりしています。このスタンドに立ててゲーム等もしていますが、タッチパネルを操作してもビクともせずにとても使いやすいです。

横置きしたときにainolロゴの部分が空いてるのが、まるで専用品みたいでちょっと嬉しいです。

105円という価格を考えれば、自宅用スタンドとしては満足の商品です。スタンドとAuroraがどちらもツルツルで結構滑るので、滑り止めに薄いゴムシートでも貼った方がいいかもしれません。

タグ:Novo7 Aurora
2012年03月08日 【スマートフォン・タブレット】 | コメント(4) |
2012年03月07日

Ainol Novo 7 Aurora で使えるケース

タブレットをカバンに入れて持ち歩く際に、本体をそのままカバンにいれると他の物にぶつかって傷がついたりするので、ちょっとしたケースやカバーがあると安心です。

ケースは大きくわけて、本体に付けたまま本のように開いて使ういわゆる手帳型と呼ばれるタイプと、袋状で使用時には本体を取り出して使うタイプがあります。

私の個人的な考えでは、電車の中で使う人は手帳型ケースがいいと思います。カバンから出し入れが素早くでき、また裸のままでは滑りやすいのでケースが滑り止めになると思います。

逆に、家の中やテーブルや机がある落ち着いた場所で使うことが多い人は、袋状のケースの方がいいと思います。手帳型だと軽さや薄さの利点が損なわれてしまいますし、サイドボタンの操作やケーブル類の抜き差しの邪魔になる場合があるので、使用時は何も付けずに裸の方が使いやすいでしょう。

続きを読む
タグ:Novo7 Aurora
2012年03月07日 【スマートフォン・タブレット】 | コメント(4) |
2012年03月03日

Ainol Novo 7 Aurora 液晶保護フィルム

Novo7 Auroraに画面を保護するフィルムを貼りたいのですが、発売したばかりの、しかもマイナーな中華パッドなので、当然ながら専用の液晶保護シートは売ってません。

そこで、簡単に使える候補を紹介しておきます。

続きを読む
タグ:Novo7 Aurora
2012年03月03日 【スマートフォン・タブレット】 | コメント(0) |
2012年03月02日

Ainol Novo 7 Aurora 簡単にレビュー

今回はAinol Novo7 Auroraの簡単なレビューです。

Novo7 Aurora

まず手に持って感じたのは、薄くて軽いということです。

以前の中華パッドというと、厚みが一定で端の方まで同じ厚さが普通でしたが、Novo7 Auroraでは背面が曲面で端の方は薄くなっていて、持ったときに薄く感じます。

重さは実測で315gです。Galaxy TabやXOOMは手にしたときに見た目からイメージする重さよりも重いと感じましたが、Novo7 Auroraは想像通りの違和感のない重さです。

ただし、この軽さと引き換えにバッテリー容量は少なめです。自分では耐久テストのようなことはしていませんが、SDカードに入れた動画で4〜5時間(WiFi Off)、ネット上の動画だと2〜3時間でバッテリーが無くなるそうです。

続きを読む
タグ:Novo7 Aurora
2012年03月02日 【スマートフォン・タブレット】 | コメント(6) |
2012年02月28日

中華タブレット Ainol Novo 7 Aurora を買ってみた

以前からタブレット端末が欲しいと思っていたのですが、なかなか思い通りの仕様の物が無くて手が出ませんでした。

私の希望は、10インチでは大き過ぎるので7〜8インチ、重さは360g以下、800*480よりも高解像度、Android 3.0以降、できればIPSパネル、フロントカメラ付きでSkypeビデオ通話可能、GPS付きでナビ利用可能、microSD等の外部ストレージ対応、3D機能は重視しないが動画は色々再生したい…といったところです。もちろん価格はできるだけ安く。

先日発売になったNovo7 Auroraがかなり希望に近かったので買ってみました。

Novo7 Aurora

Novo7 Auroraの仕様は次の通りです。

メーカー Ainol
モデル Novo7 Aurora
OS Android 4.0(2.3も可)
液晶 7インチ 1024x600 IPSパネル
CPU Allwinner A10(Cortex A8) 1GHz
GPU Mali400
メモリ 1GB
内部ストレージ 8GB(16GBモデル等も有り)
外部ストレージ microSD(最大32GB)
カメラ フロントのみ 200万画素
Gセンサ 有り
Bluetooth 無し
GPS 無し
3G 無し
HDMI出力 有り
重量 約315g

Allwinner A10は動画再生に特化したSoCで、CPUの処理能力やGPUの3D性能はイマイチですが、動画再生に関しては最強クラスで、地デジのTSファイルも再生できます。いわゆる抜けるチューナーを持っていると、録画ファイルをそのまま再生できて便利です。

液晶は7インチで解像度1024*600のIPSパネルです。7インチの中華タブレットは800*480が多かったのですが、4インチ程度のスマートフォンと同程度の解像度が嫌だったのと、800*480の機種はピクセル形状が長方形だった点が気になっていたので、ここが一番こだわっていた所です。

BluetoothとGPSが無いのは残念です。ここが一番悩んだところで、今回は妥協しました。BluetoothさえあればGPSは外部の物を使えるので、なんとかBluetoothだけでも付けてほしかったです。なお、同メーカーの旧機種ではUSBのBluetoothドングルの利用ができましたが、Auroraでは今のところできないようです。

購入したお店は、赤札天国です。私が注文したときの価格は、14,480円+代引き手数料420円でした。中国の旧正月前に注文したので、実際に手に入るまで1ヶ月以上待たされました。

ここ数日で急激に円安になっているので、今後はもう少し高くなるかもしれません。初期不良に当たったときの面倒さを我慢すれば、海外から直接買うと2000円くらい安く買えそうです。

実物の写真や、実際に使ってみたレビューは次回以降で。まだ出荷時に貼られている保護フィルムも剥がしていないので、見せられる状態ではないのでw

タグ:Novo7 Aurora
2012年02月28日 【スマートフォン・タブレット】 | コメント(0) |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。