2012年03月25日

Ainol Novo 7 Auroraのバッテリもちをテスト

Auroraのバッテリがどのくらいもつのか気になったので試してみました。

今回試したのは私の使い方で一番多い用途の、PCの共有フォルダ上にある地デジの.tsファイルのWiFi経由での再生です。

テスト環境は、ハードウェアがNovo 7 Aurora 8GB、ファームウェアはNovo 7 Essential Clean Rom v0.9b、ディスプレイの明るさ最大、音量は最低(ミュート)です。ネットワーク上のファイルの再生なのでWiFiはON、また32GBのSDカードが入っています。

使用した.tsファイルは、こんなこともあろうかと正月に録画しておいたテレビ東京の新春ワイド時代劇「忠臣蔵〜その義その愛」です。6時間54分もあり、40GBを超える巨大ファイルです。でかすぎてSDカードにも入りません。

.tsファイルはWindowsHomeServer2011の共有フォルダにあり、Novo 7 AuroraからCifsManagerで共有フォルダをマウントし、ESファイルエクスプローラーでファイルを選択して、「2160P」アイコンのギャラリーアプリで再生しました。

Screenshot_2012-03-25-00-47-00

これが自動でシャットダウンされる直前のスクリーンショットです。このスクリーンショットの保存中に自動的にシャットダウンが始まりました。

結果は3時間20分でした。フル充電からならば、とりあえず映画1本くらいは問題なさそうです。

ところで、このスクリーンショットには動画の映像が映っていませんが、これは権利的な問題で私が消したわけではなく、H/Wデコーダーが使用されているとスクリーンショットには映らないようです。MX動画プレイヤーでS/Wデコーダーを使ったら映りました。H/WデコーダーはPCでいうオーバーレイみたいな仕組みみたいですね。

タグ:Novo7 Aurora
2012年03月25日 【スマートフォン・タブレット】 | コメント(0) |

この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。