2012年03月03日

Ainol Novo 7 Aurora 液晶保護フィルム

Novo7 Auroraに画面を保護するフィルムを貼りたいのですが、発売したばかりの、しかもマイナーな中華パッドなので、当然ながら専用の液晶保護シートは売ってません。

そこで、簡単に使える候補を紹介しておきます。

Galaxy Tab用液晶保護フィルム

Novo7 AuroraとGalaxy Tabは寸法が近くAuroraの方が少しだけ小さいので、Galaxy Tab用の液晶保護フィルムを少しカットすればAuroraに使えます。

入手性がいいのと、種類が豊富なので好きなタイプを選べるのが利点です。

欠点は、変な位置にカメラ用の穴が開いていることと、少し値段が高いことです。

ダイソー 8.0インチ用 多目的フリーサイズ液晶保護フィルム

おなじみ100円ショップのダイソーの商品です。

8.0インチ用 フリーサイズ液晶保護フィルム

好きなサイズにカットして使うという商品ですが、Novo7 Auroraにはカットせずにそのまま使えます。カットせずに貼ると、長辺方向にそれぞれ1cmずつ、短辺方向に5mmずつ画面表示エリアより広くカバーされます。

8.0インチ用保護フィルムを貼った状態

少しカットして全方向5mmオーバーに統一した方が見た目はいいかもしれません。

この写真ではフィルムが白っぽく写っていますが、これはフィルム表面にさらに保護用の半透明の白いフィルムが貼り付いています。それを剥がせば完全に透明になります。

利点は105円で買えることですね。お金と手間をかけたくない人におすすめです。

欠点は、そのまま貼るといかにも代用品な感じがするところですね。

ダイソー A4サイズ フリーカット液晶保護フィルム

ダイソーにはA4サイズの液晶保護フィルムもあります。もちろん105円です。私はこれを切って貼りました。

A4サイズ フリーカット液晶保護フィルム

この商品の存在は知っていましたが、最初に行ったお店には置いてなくて諦めて8.0インチ用を買ったのですが、別の店舗に行ったら置いてありました。

A4サイズで105円とは、素晴らしい価格です。まぁ、原価はそんなに高い物とは思いませんが。激安ということで、8.0インチ用にはあったフィルム表面を保護するフィルムはありません。

この商品の利点は、圧倒的なコストパフォーマンスと、完璧な寸法の保護フィルムを作れることです。

欠点は、切らないと使えないので、工作が嫌いな人には向かないことでしょうか。

Novo7 Aurora用のテンプレートを作ったので置いておきます。

Novo7 Aurora 液晶保護フィルム テンプレート

この保護フィルムをそのままインクジェットプリンタに突っ込んで印刷してしまうと簡単です。ただし、インクがまったく馴染まずにフィルム上に乗っかっているだけの状態なので、少しでも触ると消えてしまうので注意してください。プリンタの機種によっては上手くいかないかもしれません。

また、PDFの印刷の際にサイズオプションを「実際のサイズ」にするのを忘れずに。これをしないと寸法が狂ってしまいます。大きさは全面ピッチリよりも、ほんの少しだけ小さくしてあります。切り出してから重ねて確認してください。

カメラ穴には、同じくダイソーの皮用ポンチ4mmを使いました。

皮用ポンチ

カッターマット(必須です)の上に厚紙などを敷いて、その上にフィルムを置いて下の厚紙ごと打ち抜きます。

面倒なら、6mm穴になってしまいますが1穴パンチという商品もあります。

1穴パンチ

実際に切り出したフィルムを貼った状態がこれです。

保護フィルムを貼ったAurora

綺麗に全面を覆っていると、遠目ではフィルムが貼られているのが分かりませんね。

角を拡大するとフィルムが見えます。

フィルムの拡大写真

ん、こんなところにまだホコリが残ってる…

カメラ穴は、開けない方がいいかもしれません。よほど上手に開けないと、穴の周辺でフィルムが浮いてしまいます。私は1枚は穴を開けてみましたが、2枚目は開けずに保管してあります。今後フィルムの浮きが酷くなるようなら貼り換えようと思います。

タグ:Novo7 Aurora
2012年03月03日 【スマートフォン・タブレット】 | コメント(0) |

この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。