2009年11月19日

LED光源プロジェクタでお手軽ホームシアター

数ある映像機器の中でもっとも贅沢な物は何かというと、私はプロジェクタではないかと思います。今ではテレビも画面が大きくなり、更にハイビジョン化で画質もよくなりましたが、プロジェクタのもつ映画館のような雰囲気にはかないません。

しかし、プロジェクタで映像を見るには、スクリーンを設置し、部屋を暗くしないといけないという手間がかかります。また、ランプの寿命が短く、あまり気軽に使うこともできません。このような「めんどくささ」がプロジェクタを贅沢に感じさせ、また購入をためらわせる要因となっています。

そんな中、去年あたりから、従来のプロジェクタよりも気軽に使えるLEDプロジェクタという物が密かなブームになっています。

Dell M109S

参考リンク: 西川善司の大画面☆マニア 第109回 携帯やiPodにプロジェクタが内蔵される時代が来る!? 〜超小型などプロジェクタ最新事情編〜 (AV Watch)

LEDプロジェクタは次のような特徴があります。

  • 光源に高輝度LEDを使用していてランプ寿命が非常に長い(20,000時間)
  • 水銀ランプ等に比べると輝度がかなり落ちる(1/10〜1/200程度)
  • 低発熱で小型化できる

ランプ寿命は多くの製品で20,000時間をうたっています。これは1日8時間使ったとしても7年くらいは使えるので、実質的に寿命がないと思っていいでしょう。7年もしたら他のところが壊れますし、もっと良い製品出てますよね。そもそも1日8時間も使いませんが。

光源の明るさは、通常の水銀ランプ等を使った製品では安い物でも2,000ルーメン程度ありますが、LEDプロジェクタでは10〜200ルーメン程度です。明るい部屋での使用は無理と思っていいでしょう。

明るさがあまり無い分発熱も少なく、非常に小さくすることができます。10ルーメンクラスの製品は携帯電話程度の大きさで、バッテリ駆動も出来る物が多いです。大きさが携帯電話程度どころか、携帯電話やデジカメにプロジェクタを組みこんでしまった製品も既に出ていますね。

LEDプロジェクタを大きく分類すると、バッテリ駆動も可能で持ち歩ける10〜20ルーメンのものと、据え置き型のプロジェクタをそのまま小型化したような50〜200ルーメンのものの2種類に分かれます。

現在日本で簡単に入手できる、主にVGA解像度以上のLEDプロジェクタをまとめてみました。

販売元 製品名 明るさ 方式 解像度 PC入力 バッテリ 備考
3M MPro110 10 LCOS 640*480  
3M MPro120 12 LCOS 640*480  
Optoma PK101 10 DLP 480*320 ×  
Optoma PK102 10 DLP 480*320 4GBメモリ内蔵
海連 プロジェクタ X Pro920 10 LCOS 640*480 ×  
EXEMODE MPJ-30 10 LCOS 640*480 × X Pro920同等品
サンコー ミニジェクター 10 LCOS 640*480 × ×  
Ability Create minipro DEP-100 10 LCOS 640*480 × × ミニジェクター同等品
アドテック AD-MP15A 15 LCOS 640*480  
アドテック AD-MMP15A 15 LCOS 640*480 × USBメモリ対応
THE MEDIA μ view 15 LCOS 640*480 AD-MP15A同等品
サンコー Miseal mini PROJECTOR 25 LCOS 800*600 ×  
Dell M109S 50 DLP 858*600 ×  
BenQ Joybee GP1 100 DLP 858*600 × USBメモリ対応
Acer K10 100 DLP 858*600 ×  
加賀電子 KG-PL105S 140 DLP 800*600 ×  
加賀電子 KG-PL011S 200 DLP 800*600 ×  

同等品というのは、全く同じ製品で販売元が違うだけだったり、外装が違うだけで中身が同じ製品です。基本的に、備考に同等品と書いた物の方が安く購入できます。

上にあげた25ルーメン以下のポータブル機には台形補正の機能がないので、スクリーンに対してまっすぐに投射する必要があります。軽くて小さいので設置場所にはあまり苦労はしませんし、見るときだけ設置して終わったら撤去するのも簡単なので、あまり問題はないでしょう。

今はまだ静かなブームといった状態ですが、ポケットサイズで解像度800*600で33ルーメンの製品が出てきたり、1280*720の解像度でHDMI対応機が出てきたりと、来年はLEDプロジェクタが大ブームになるかもしれません。

次世代の製品も気になりますが、ここのところ旧製品のセールが多いので、私も我慢できずに1つ買ってしまいました。私が買ったのはポータブル機の中では評判の良いAD-MP15Aの同等品のμ viewです。次回はこの製品のレビューでも書こうと思います。

2009年11月19日 【PC環境・周辺機器】 | コメント(5) |

この記事へのトラックバック

2008年末くらいから密かなブームになっているLEDプロジェクタですが、第2世代の機種が出そろった感じなのでまとめておきます。 第2世代というのは私が勝手に呼んでいるだけです。本当の第1世代は..

プロジェクタの方式というと普通はDLPやLCOSといった素子の違いが重要ですが、LED光源のプロジェクタではもっと重要な点があります。それは、光源が白色LEDなのか、それともRGBの3色LEDなのかと..
この記事へのコメント

Posted by 新坂 at 2009年11月19日

海連のプロジェクタ X Pro920の同等品の、EXEMODE MPJ-30も14,800円で販売中です。
http://shop.exemode.com/shopdetail/006000000002/order/
Posted by 新坂 at 2009年11月19日

アドテックのAD-MP15Aの同等品のu viewが、GENOで15,990円で販売中です。
http://www.geno-web.jp/goods/GA09139710.html
私はこれを買いました。
Posted by 新坂 at 2009年11月19日

高出力の機種では、Acer K10が安くて人気があり、特にNTT-Xが安いです。
http://nttxstore.jp/_II_EI12748779
46,300円から6,500円割引になるので、39,800円で買うことができます。
Posted by 新坂 at 2009年11月19日

次世代機のAcer K11やOptma PK201/301が発表されました。
どちらもHDMI対応なので、ゲーム機を繋ぎたい人にも良さそうです。
Posted by 新坂 at 2010年04月05日

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。