2009年06月21日

DELLのe-IPS液晶モニタ2209WAを購入しました

先日DELLから発売されたe-IPSパネル採用の液晶モニタ2209WAが、キャンペーンディスカウントで19,800円になったので、さっそく購入しました。

このモニタの特長は次のような感じです。

  • 廉価版とはいえIPSなので視野角がとても広い
  • スタンドの出来が良い(ピボット対応で画面を縦にも出来る)
  • 遅延は1フレーム未満?
  • リフレッシュレート75Hzに対応
  • モニタにUSBハブ機能付き(モニタの電源を切るとUSBハブの電源もOFFになるので注意)
  • 工場出荷時の設定ではガンマカーブがおかしい?

遅延はビデオカードのクローン表示での測定は誤差があることを以前書きましたが、分配器を使って測定した人がいます。

http://www.hardforum.com/showpost.php?p=1034028590&postcount=1263

CRTと比較している写真を見ると、CRTの走査線と同じ位置でうっすらと同じ数字が見えているのが分かります。この分配器を信用すると、遅延は1フレームどころか全く無いことになります。(液晶側で前の数字が残っているのはホールド型の特性と応答速度の差)

また、上記サイトで75Hzの検証もしています。リフレッシュレート75Hzは、入力だけ対応していて表示は60Hzというモニタも多いのですが、このモニタは本当に75Hzで出力してくれます。

唯一の欠点とも言えるのは、ガンマカーブでしょうか。Windowsではガンマ値2.2を使うのが普通で、国際規格のsRGBでも2.2となっています。しかし、このモニタのデフォルト設定では、2.2から大きく外れています。デザイン関係で使う人は注意した方がいいでしょう。その後数日(色々設定等をいじりながら)使っていたら、なぜか「標準」や「カスタム」でもガンマ2.2になりました。

ガンマ値の測定は、専用の機材がなくても目視で行うことができます。下の画像の各色のグラデーションで、左右の滑らかな部分と中央の市松模様が同じ明るさに見えれば、ガンマ値2.2となります。(ただしSafariではPNGのガンマ補正問題があるので注意してください)

ガンマ2.2確認画像

色設定のプリセットモードを「マルチメディア」か「ゲーム」にして、コントラストを50前後にすると、だいたいガンマ値が2.2になるようです。ただし、マルチメディアに設定するとRGBのゲインを調整できません。この設定だと、私が今まで使っていたモニタよりも色温度が高めなので、もう少し下げたいのですが調整はできないようです。RGBのゲインが調節できるモードでは、ガンマ値が2.2ではなくなってしまいます。微調整はビデオカード側でするしかないですね。マルチメディアとゲームの違いは色温度みたいで、ゲームの方が色温度が高くなります。

さて、せっかくピボット対応で縦にできるのだから、さっそく縦画面を試してみました。

DELL 2209WAで東方風神録(体験版)

ピボット対応モニタでゲームする人なんてほとんどいないと思っていたので、東方風神録縦画面化ツールはジョークのつもりだったのですが、2209WAの登場で今後は増えるかもしれませんね。

ちなみにアス比固定機能は一応あります。ただし、4:3と16:10の手動切り替えで、入力信号に関わらず強制的にそのサイズになります。16:9の設定はありません。

また、19インチSXGAと縦のサイズはほとんど変わらないので4:3の動画に関しては変わらないと思っていたのですが、SXGAでは1280*960で表示されてしまうのに対して、このモニタでは1400*1050で表示されるので一周り大きく映ります。これは嬉しい誤算でした。

19,800円という価格もあり、私としてはこのモニタには満足しています。今まで視野角は問題ないと思っていたS-PVAのモニタでも、上のガンマ値確認画像を少し斜めから見るとガンマカーブが狂うのですが、このモニタでは全く狂いません。さすがIPSです。

追記

1680*1050(75Hz)を試してみました。GeForce9600GT(ドライババージョン182.50)では、標準では1680*1050で75Hzが選択できないので、カスタム解像度で追加しました。

2209WA-75Hz

1080i入力も試してみました。インターレースモードではオーバースキャンになり、タスクバー半分ほどの高さが表示されなくなります。(ちなみに1080pでは画面いっぱいに縮小表示となりました)

2209WA-1080i

ついでに、ファクトリーモードも確認。(下手にいじると悲惨なことになるので出し方は伏せます)

2209WA-service

製造はFOXCONNのようですね。

タグ:液晶モニタ
2009年06月21日 【PC環境・周辺機器】 | コメント(5) |

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント

※このコメントは8/7に修正しました※
参考までに私の設定を書いておきます。
輝度 30
コントラスト 40
入力カラー形式 RGB
モード選択 グラフィックス
プリセットモード カスタム
シャープネス 40
動的コントラスト オフ

ガンマ値確認画像は、完全に同じ色にはなりませんが許容範囲です。
Posted by 新坂 at 2009年06月24日

数日使って気付いた点など

部屋を暗くして斜めから見ると、暗部はそこそこバックライトの光が漏れます。
輝度0の状態で消費電力は40Wだそうです。VAのモニタに比べると多めですかね。
画面を垂直にして一番下まで下げると、机との隙間は3cmになります。そこから角度を上げると画面位置も上がり、ちょうどいい角度にしたら5cmの隙間になりました。
後からVGA接続も追加したのですが、このときピボット機能が役に立ちました。最初は横位置のまま苦労しながらケーブルを繋ごうとしていたけど、縦にしたら簡単でした。
同様に下側のUSBポートも、縦にすると繋ぎやすいです。抜き差しの少ないゲームコントローラ等はここに接続するとよさそうです。(USBハブ経由になる点は注意)
Posted by 新坂 at 2009年06月24日

VGAコネクタは入力信号をYPbPrに変更でき、ケーブルさえあればコンポーネント接続もできるようです。
実際に試した人によると、多少問題はあるようですが480i/480p/720p/1080i/1080p全て映ったそうです。PCモニタはインターレースには対応してないのが多いので意外ですね。
http://www.hardforum.com/showpost.php?p=1034089790&postcount=1483
HDMIからDVIに変換した接続でも1080iが映るようです。

ゲーム機の接続報告もありますが、アスペクト比の設定が4:3と16:10しかないので、少し微妙ですね。16:9と16:10の違いを気にしない人にはどうでもいいですが。
Xbox360は1680*1050にも対応しているので問題ないようです。

制御回路の素性は良さそうなので、1920*1080のモデルが出ればゲーム機向けにも良いかも。
Posted by 新坂 at 2009年06月24日

本文でも訂正しましたが、設置した当日はたしかにガンマ値がおかしかったのですが、今試してみたら、コントラスト50ならプリセットモードをどれにしてもガンマ2.2になりました。

あの日は何が悪かったんだろう?
Posted by 新坂 at 2009年06月25日

自分でもインターレース入力確認しました。
NVIDIAコントロールパネルのカスタム解像度で1920*1080i、640*480iをテストしてみましたが、ちゃんと映りました。(チラつきも確認)
1920*1080pも映りました。

マニュアルにもちゃんと
>480i/480p/576i/576p/720p/1080i/1080P (HDCPをサポート)
という記述がありました。
Posted by 新坂 at 2009年06月25日

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。