2008年01月21日

光学式マウスの話(レーザーマウスについて)

レーザーマウスも"光学式"なのですが、レーザーではない一般的な光学式マウスに対する特別な呼び方が存在しないので、ここでは光学式と言ったら非レーザーマウスを指すことにします。

現在レーザーマウスは主にゲーマー向けマウスとして出ている物が多いですが、必ずしもレーザーマウスの方が光学式より性能がいいというわけではありません。

レーザーマウスが出始めた頃、特徴として「場所を選ばず使える」というような説明がされていました。たしかに光学式マウスでは相性の悪い操作面でもレーザーなら大丈夫な場合もありますが、逆に光学式なら問題無いのにレーザーでは駄目という面もあり、むしろレーザーの方が相性が厳しいのが実情となっています。

現状でレーザーマウスが光学式に比べて優れているのは、dpiが非常に高いこと、この一点しかないと言ってもいいでしょう。dpiが高いとマウスカーソルの動きが速くなり、マウスを2cmも動かせば画面の端から端まで届いてしまうほどのスピードを出すこともできます。RTSのようなジャンルのゲームで、カーソルを大きく動かす場合は高dpiのマウスが好まれます。

操作面との相性に関しては、目視では模様が確認できないような机でもマウスパッド無しで使えますが、逆に布製のマウスパッドとは相性が悪くカーソルが飛びやすくなります。レーザーマウスの追従性に悩まされている人は、試しにマウスパッド無しで操作してみると改善されるかもしれません。(表面がデコボコの面も苦手らしいです)

マウスを素早く動かすことが多いFPSゲーマーには、レーザーマウスは追従性の悪さで嫌われがちですが、少なくとも私の使っている机(マウスパッド無し)では、常識的な速さの範囲内ではカーソルが飛ぶような現象は起こりません。ゲーマー向けとして出ているレーザーマウスならば、相性のいいマウスパッドさえあれば性能は問題ないと思います。

逆に、高dpiのマウスが必要でなければ、わざわざレーザーマウスを選ぶ必要はないですね。

追記

現在はレーザーマウスのセンサーも改良され、トラッキング性能では光学式ゲーミングマウスの標準センサとも言えるADNS-3080を凌駕する物も出てきました。

既に十分過ぎる追従性があるので、今のハイエンドのレーザーマウスと光学式の実質的な差は、マウスを持ち上げたときの上下のブレくらいです。

レーザーマウスはセンサーが操作面に対して斜めになっている関係で、マウスを持ち上げると少し上下に動いてしまいます。FPSで一方向に回転し続ける動きをするときは、マウスを持ち上げて戻す操作が必要になるので、この際に上下に動いてしまうのは、少し気になります。

2008年01月21日 【PC環境・周辺機器】 | コメント(1) |

この記事へのトラックバック
この記事へのコメント

机の上でマウスパッド無しで使う場合は、レーザーマウスの方が相性がいいです。
また、明るい色の面の方が、暗い色よりも良いそうです。
Posted by 新坂 at 2008年12月13日

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。